アイベックスエアラインズを利用した国内旅行

ANAと提携しているアイベックス

国内旅行にアイベックスエアラインズおすすめANAと提携しているアイベックス知名度は低いが安心・安全のANAと同じレベルのサービスが提供されている

例えば座席数100席の航空便があったとして、50席はアイベックスの座席、残りの50席はANAの座席として販売するような形を取ります。
もちろん3つ以上の航空会社によるコードシェア便もあります。
航空会社側からみれば、さほど需要が大きくない路線において、全ての座席の販売を自社で受け持つ場合と比較すれば大量の空席を抱えたまま飛ばすというリスクを減らすことができます。
もちろん、受け持つことのできる座席数には上限が設けられているわけですから、自社の受け持ち数で満席になってしまったからと言ってもっと自社で販売したいということは簡単にはできず、その場合はより高い利益を得るチャンスを失うことにはなります。
ですが、需要がさほど大きくない路線について全てのリスクを自社で抱えた上で新規路線に参入するよりは、リスクを抑えてその路線に一枚関与することができるのをより大きなメリットと考えるのであれば、コードシェアというのはよい戦略です。
もちろん、座席については受け持ちを分割することができても、機体そのものはそういうわけにはいきません。